公益社団法人 日本医学放射線学会

専門医制度

専門医制度に関するお知らせ

2020年05月13日

2020年度日本医学放射線学会認定「放射線科専門医認定試験」「放射線診断専門医認定試験」および日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定「放射線治療専門医認定試験」の実施要項の変更について

「放射線科専門医認定試験」
「放射線診断専門医認定試験」
「放射線治療専門医認定試験」を受験する方へ

日本医学放射線学会 理事長 青木茂樹
日本放射線腫瘍学会 理事長 茂松直之

日本医学放射線学会理事会および日本放射線腫瘍学会理事会におきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮し、今年度の専門医試験に関する以下の方針が決定しましたのでお知らせいたします。

試験日:8月28日(金)
「放射線科専門医認定試験」「放射線診断専門医認定試験」「放射線治療専門医認定試験」を同一日に行う予定。
場 所:日本医学放射線学会の各地方会が設定した会場に分散して行なう。
形 式:従来の筆記試験はマークシート形式で変更はありません。
「放射線診断専門医認定試験」「放射線治療専門医認定試験」の口頭試験は面接形式が難しいため、病歴や画像を見て画像所見・鑑別診断・治療法等を筆記で答える形式とします。

注意点

  1. 今後の感染症の拡大状況によっては、試験の延期や全面中止もあり得ます。
  2. 一部地域に限局した感染症の悪化や台風などの影響で、一部の会場のみ試験実施が不可能となった場合には、追試験を行います。
  3. 当日体調不良の場合には、受験しないで下さい。理由によっては追試験を考慮します。
  4. 現在、日本医学放射線学会地方会事務局と相談しながら、試験会場を確保している最中です。詳細についてお問い合わせをいただいても即座に返答しかねます。決定しましたら、ホームページ等で連絡をさせていただきますので、しばらくお待ち下さい。
  5. 原則として、願書にある勤務先住所を元に、試験会場を指定する予定です。

試験を無事実施できますよう全力を尽くしますが、今後の状況の変化によっては、追加の変更処置が生じる可能性もあります。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。